岡山市中区にある原尾島歯科です。一般歯科・小児歯科・インプラント・義歯・審美歯科・歯周病治療など、「もし私が患者さんだったら受けたい治療」が当院の診療理念です。

インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療におけるCT撮影の重要性

CTで撮った画像

CTスキャン(コンピュータ断層撮影)は、通常のレントゲン撮影を360度に渡り、全方向から撮影することで、歯の内部がどうなっているかを確認できる撮影方法です。インプラント治療の治療計画を立てるにあたり、CTスキャンを用いずに治療に踏み切るのは安全とは言い切れません。
CTを用いて多角的な角度から患部をチェックすることで、レントゲン撮影のみでは見つからなかった手術のリスクを発見し、最も最適な術式を選定する資料になるからです。

当院では、必ず、インプラント手術前には、CTスキャンでの撮影を行い、安全にインプラント手術を行えるよう診断技術の精度を高めて、日々治療しております。

手術前に3次元で見ることの重要性

通常の歯科治療時に撮影するパノラマ写真は、全体像はだいたい分かりますが、3次元の被写体を2次元にしているため、骨の厚みなどは全く分かりません。よって、実際のレントゲン写真では、十分な骨の厚みがあるように見えるのに、実際手術してみたら、薄い骨しかなくインプラント治療が不可能だった....という場合があります。
手術中にこういった事が発覚しないよう、術前検査で、必要な情報を修得しておく必要があります。そのためにも、CTスキャンは必ず必要であるということが言えます。

CTで撮った画像

精密な画像診断

歯科用CTスキャンは医科用のものに比べて放射線の被曝量が少なく、スライス幅も0.1ミリと10分の1程度です。そのため、非常に鮮明な画像を得ることができます。 (医科用CTはスライス幅が1~2ミリです。)

また、撮影したCT画像を元に、あらゆる角度から骨を観察することが可能です。そして、事前に、インプラント埋入シミュレーションなども行うことができ、必要な骨量の測定や骨造成の必要性が一目瞭然にわかります。そのことにより、患者さんに安全なインプラント手術が出来るようになります。

CTで撮った画像


当院採用のAQBインプラント

インプラント治療の流れの画像

当院で採用しているインプラントはAQBインプラントというインプラントです。

このAQBインプラントは、手術が1回で済むばかりでなく早期に骨との強固な結合が得られるため、従来数ヵ月から1年近くかかった咬合機能回復までの期間が最短2ヵ月程度でよく、患者への負担が少なくて済むという特徴をもっています。

また、当院は三井記念病院口腔外科部長 津山泰彦先生と提携しており難症例でも対応できます。


インプラントにはたくさんの種類があります

インプラントの説明画像

インプラントにはたくさんの種類があります。
大まかに術式で分類すると1回法1ピース、1回法2ピース、2回法2ピースに分類されます。

手術が1回の方法と2回の方法、部品が1つのものと2つのものという意味です。

手術は2回より1回の方が患者様への負担は少なくてすみます。

2ピースのインプラントの場合は、将来連結部分が緩む可能性は否定できません。

AQBインプラントはおもに1回法1ピースで使用されていますが、1回法2ピース、2回法2ピースも選択可能です。
患者様の骨の量 性状によってベストな方法を選択します。


AQBインプラントは

インプラント素材の比較グラフ

AQBインプラントは、ハイドロキシアパタイトを直接コーティングする従来の方法と比べ化学的、物理的により安定なハイドロキシアパタイトコーティング層になっています。
数年前までハイドロキシアパタイトコーティングがチタンから剥がれる危険性が指摘されてきましたが、近年技術の進歩によりその危険性はほとんどないと考えています。
AQBインプラントのコーティングは上記のような方法で行われておりアパタイトの質コーティングの接着力ともに他社のアパタイトコーティングとは一線を画すものと考えています。


◆難症例でも対応可能です

三井記念病院口腔外科部長 津山泰彦先生

原尾島歯科では、より高度で安全なインプラント治療を行うために、三井記念病院口腔外科部長 津山泰彦先生と提携しており難症例でも対応できます。共にチーム医療を行っております。

Dr. 津山泰彦



他の歯科医院で手術を断られた方や移植手術を勧められた方は一度ご相談ください。難症例のインプラントでも対応できます。

これまで約2,000本のインプラント手術の経験がある、インプラント手術のプロフェショナルです。
先生の手術の特徴は、通常骨が少ないところへのインプラント植立手術には、骨移植もしくは人工骨移植が必要とされていますが、先生は骨を誘導する技術があり、移植を必要としていません。特に上顎臼歯部などのインプラント治療では、サイナスリフト法(上顎洞底挙上術)での移植をしない手術方法は有名です。


インプラントと他の治療との違い

インプラントで噛めるようになると、人生が見違えるように変わります。

歯科インプラントとは、失った歯の代わりに、アゴの骨に直接骨と結合するチタン製の人工の歯の根を埋め込み、その上に人工の歯を装着してかみ合わせを回復する治療法です。(人工的に歯の根っこを作り上げる事から「人工歯根」とも言われます。)
「ブリッジ」「入れ歯」という従来の治療法では、「健康な歯に負担をかける」ことを免れませんが、インプラントは健康な歯に全く負担をかけず、また、歯ぐきの骨の収縮も抑えることができる、まさに画期的な治療法なのです。

インプラントを埋め込んだイメージ画像

インプラント

顎の骨に人工歯根を埋める手術を行い、骨と結合した後、被せ物をして噛み合わせを回復する方法。
利点→天然の歯と近い感覚で噛める。隣の歯を削らない。
欠点→顎の骨の状態や慢性疾患がある場合に実施できないことがある。


ブリッジをかけたイメージ画像

ブリッジ

両隣の歯を削って被せ物をし、歯を連結することで噛み合わせを回復する方法。
利点→取り外ししないです。
欠点→周りの歯を削って被せ物を入れないといけない。


入れ歯のイメージ画像

入れ歯

残った歯に維持のためのバネをかけて作る取り外し式の治療法。
利点→欠損歯が多くても対応できる。
欠点→自分で取り外して洗浄する必要がある。異物感がある。



患者様からの喜びの声のページへのリンク画像


ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional