岡山市中区にある原尾島歯科です。一般歯科・小児歯科・インプラント・義歯・審美歯科・歯周病治療など、「もし私が患者さんだったら受けたい治療」が当院の診療理念です。

メインテナンス

メインテナンス

1〜6ヶ月に一度は、歯の定期検診にお越しください。

頬を押さえる女性の画像

歯は毎日歯磨きをしていても、磨き残しなどから細菌が入り込み、むし歯・歯周病への移行していきます。
咬み合わせに問題ない方でさえ、ほおっておけばむし歯になるのですから、咬み合わせに問題のある方は、さらにそのリスクが高まります。

当院では、1〜6ヶ月に一度のペースで、歯の定期検診にお越しいただく事をお勧めしております。
歯の定期検診では、むし歯の有無や磨き残し、歯周病の有無などをチェックするほか、歯のクリーニングも行います。


バイオフィルムを知っておこう

バイオフィルムのイメージ画像

バイオフィルムと歯垢(プラーク)とは異なります。
歯垢とは一般に虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊ですが、口腔バイオフィルムは様々なタイプの微生物がお互いに協力し、生活しているコミュニティのようなものです。そのため、歯垢(プラーク)はブラッシングで除去できますが、バイオフィルムはブラッシングでは容易に除去する事ができない上に、抗生物質や洗口剤でも死滅する事は困難です。
【右図を参照】

そのため、バイオフィルムは、スケーリング(歯石とり)および、ルートプレーニング(根面滑沢)などの、機械的な方法でバイオフィルムを破壊するしか方法がありません。

それをしないで、そのままにしていくと、歯周組織に影響を与え、歯周病などに移行していく、非常に恐ろしいものです。

しかし、P.M.T.Cを頻繁に行うことによって、日常のブラッシングでは磨くことのできないポケット内などのプラークを除去することができますので、歯肉縁下プラークの形成を効果的に予防することができます。

当院では、積極的にP.M.T.Cをお勧めしています。


P.M.T.Cの手順

P.M.T.Cの手順画像1

(1)専用の器具で、フッ素配合のペーストを用いて研磨していきます。

※ただし、歯石がついている場合は歯石取りが先になります。


P.M.T.Cの手順画像2

(2)ハブラシでは行き届かない、歯肉の溝の中のプラークを超音波にて除去していきます。





P.M.T.Cの手順画像3

(3)最後に、歯肉の溝の中を殺菌、消毒効果がある薬液にて洗浄していきます。






歯の表面に着色があって気になる方! タバコのヤニ、コーヒー、お茶などのステインは、そのままにしておくと、プラークの付着しやすい環境となります。

これらも、P.M.T.Cをすることによって歯の表面が滑沢になり、プラークの付着しにくい歯になり、見た目もきれいにすることができます。場合によっては、ワントーンくらいは歯が白くなる場合もあります。

※ここで注意してもらいたいのですが、ホワイトニングとは違いますので、自分の本来の歯の白さ以上に白くなるというわけではありません!

市販されている着色研磨用の器具がありますが、使い方次第では補綴物(陶歯など)や歯肉を傷つける可能性があります。

歯科医院でプロフェッショナルケア、P.M.T.Cをすることをお勧めします。


ポイント
P.M.T.Cは歯石とりとは違いますので、歯石がついている場合は歯石取りが先です。
P.M.T.Cをする前は、お口の中の検査を行います。
処置を行う時期や内容はお口のなかの状態によっても違います。



患者様からの喜びの声のページへのリンク画像


ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional