岡山市中区にある原尾島歯科です。一般歯科・小児歯科・インプラント・義歯・審美歯科・歯周病治療など、「もし私が患者さんだったら受けたい治療」が当院の診療理念です。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。また、歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えています。
成人の歯周病は、30歳ぐらいから自覚症状もなく発症し、適切な処置を行わないかぎり加齢とともにゆっくり進行します。
歯周病の進行プロセスには4段階あり、「歯肉炎」・「軽度歯周炎」・「中等度歯周炎」・「重度歯周炎」の順に進行していきます。

歯周病の進行段階図


また、「喫煙」「糖尿病」「薬剤の服用」「よくない歯の治療」などの危険因子が重なった場合、特に、ダブル、トリプル、マルチプルに重なるほど、急激に悪化します。

その他、10代の人にも見られる全身的な影響によると考えられる早期発現型歯周炎があります。

あなたが歯周病におかされていた場合には、どのパターンにあたるかを正確に診断することが重要です。

歯と歯肉の間のミゾ(歯肉溝)にプラークがたまり歯肉に炎症がおこる、これが歯周病のはじまりです。
歯肉が炎症ではれ上がるとミゾが深くなり、ポケットができます。
プラークには非常に多くのバクテリアが含まれていて、そのバクテリアの出す毒素が歯肉に炎症を起こし、そして歯をささえている骨を溶かすのです。

歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状があれば、歯周病にかかっているのかもしれません。
そしてポケット内のプラークで歯周病菌がいっそう繁殖し、歯石もできて、歯周病は勢力を増していきます。
歯周病にかかっていないか、かかっているならどの程度まで進行しているのかによって「治療・予防プログラム」は異なってきます。

下記のような症状のある方は、歯周病の徴候があります。
できるだけ早めに歯科医院で、歯周病チェックをしてもらってください。

歯周病のチェック項目図


歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ図



患者様からの喜びの声のページへのリンク画像


ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional